『金庫と鍵』貴重品を保管しよう!
menu
金庫の歴史
new トップ

new 金庫の値段

new 金庫のカギをなくしたら?

new 金庫とマイナンバーの関係

new 金庫の鍵の仕組み

new 金庫の処分方法

金庫とは、現金や有価証券や重要書類等、
仕事上重要な品を保管するための施設や容器を言います。

例えばキャッシング業者のようなお金を扱う会社は
大きな金庫にお金や個人情報など保管していることでしょう。
ちなみにおすすめのキャッシングのサイトにも書かれてますように
審査無しの業者はありませんので注意して下さい。

金庫

用途の違いによって、金庫は
①耐火用、②防盗用、③貸金庫の3つに
分類することができます。

では、どのような歴史をたどってきたのでしょうか。

海外では、古代ローマで金庫のようなものが
使われていたことが発見されています。

ダイヤル式が登場したのは
18世紀から19世紀の頃と言われています。
また、日本の歴史でも江戸時代の後期には、
このダイヤル式を使い始めるお店があったと言われています。

ダイヤル式は長い間業務用金庫として活躍しましたが、
近年では新しいタイプのテンキー式と
呼ばれるものが出てきました。
さらには、テンキー式よりもさらに先を行く、
指紋認証式のタイプも出てきています。

テンキー式はダイヤル式に比べて
暗証番号の変更が容易であるという利点があげられます。

また、指紋認証式では、
その暗証番号を忘れるというリスクがなくなり、
本人が確実に開錠できるものなので、
防犯性が高く使いやすいという
利点があげられます。

金庫にはこのような歴史があり、
それぞれの時代にあった変化を遂げてきました。

今後も人々の生活が変化するにあたり、
より一層の変化が見られると考えられます。

since 2014.3.12 Copyright (C) 2015 『金庫と鍵』貴重品を保管しよう! All Rights Reserved.